古物商の許可申請について


【超重要】既に許可を取得されている事業者様方へ
古物営業法の改正に伴い、既に許可を取得されている事業者様に許可失効の恐れがあります。

詳しくは、こちらのリンクからご確認ください。


古物商の許可が必要な人はどんな人?

まずは身近な例から確認してみましょう。

古本屋中古自動車屋中古バイク屋
中古ブランド品店古着屋アンティークショップ
遺品整理事業者貴金属出張買取事業リサイクルショップ
メルカリユーザーラクマユーザーヤフオクユーザー
中古ゲームショップ中古楽器店etc

街中でもよく目にするこれらのお店ですが、許可を必要とする事業の代表例です。

店舗はありませんが、表の中に掲載した、フリマ系アプリのユーザーも古物商とみなされる場合があります。

Check
その点はこちらの記事で詳しく解説しています。

フリマ系アプリをご利用の方と古物商許可

許可がないとどうなるの?

古物商は許可事業ですので、罰則があります。

無許可営業は以下の通り厳しく罰せられます。

古物営業法 第31条 第1項1号
許可を受けずに営業した者は3年以下の懲役または100万円以下の罰金に処する。と、されています。

急に罰則と言われても、何をしたら古物営業になるのかわかりません。

次のステップで確認していきましょう。

古物営業ってなに?

古物営業の定義
  1. 古物商が、公安委員会から許可を受けて、古物を売買し、若しくは交換し、又は委託を受けて売買し、若しくは交換する営業
  2. 古物市場主が、公安委員会から許可を受けて、古物市場(古物商間の古物の売買又は交換のための市場をいい、通常はオークションのような競り売りの方法で行われる)を経営する営業
    ※古物市場での取り引きは、古物商に限られていますので、一般の方は参加できません。
  3. 古物競りあっせん業者が、公安委員会に届け出て、いわゆるインターネットオークションのように古物を売買しようとする者のあっせんをホームページを使用する競りの方法により行う営業で、インターネットオークションの運営者がこれにあたります。
愛知県警察HP

このように、3つの形態に分かれています。

2,3番は一般的になじみの少ない業態なので説明は省略しますが、

1番について簡単に言い換えると、古物を売ったり買ったり、交換したりすることを古物営業といいます。

繰り返しになりますが、こうやって定義づけられていることから、メルカリラクマなどのフリマ系アプリユーザーも古物営業とみなされる可能性があるんですね。

Check

フリマ系アプリについて「時々しか使用しない。」という方も、扱うカテゴリーによっては即古物営業者としてみなされるカテゴリーも存在します。

利用経験者は必ず、下記リンクよりご確認ください。

フリマ系アプリをご利用の方と古物商許可

古物営業が、どういった業態なのか分かったところで、次はそもそも「古物」がどういったものを指すのか確認していきましょう。

古物ってなに?

「古物」の定義は以下の通り、掲載されています。

古物とは
  1. 一度使用された物品
  2. 使用されない物品で使用のために取引されたもの
  3. これらいずれかの物品に「幾分の手入れ」をしたもの

使用とは…
その物本来の目的にしたがってこれを「使う」ことをいいます。(例:衣類→着用、自動車→運行、カメラ→撮影)

幾分の手入れとは…
物の本来の性質、用途に変化を及ぼさない形で、修理等を行うこと。

愛知県警察HP

幾分の手入れの具体例は中古車販売などをイメージすると良いでしょう。

その他、ポイントになるのは「使用されない物品で使用のために取引されたもの」です。

一度取引をしたものであれば、使用されておらずとも、古物として扱う必要があります。

つまり、新品ばかりを取り扱う転売屋さんも許可が必要なケースがあるということになります。

古物の種類

どういった物が古物とされているかご理解頂いた次は、その古物の中で「なんの」古物を扱うか、主として取り扱うものを営業所単位で定めて申請する必要があります。

その種類は以下の通り分類されているので、その事業所で主として取り扱うものが何なのか、あらかじめ確認しておきましょう。

全13種類のリスト
美術品類書画、彫刻、工芸品等
衣類和服類、洋服類、その他の衣料品
時計・宝飾品類時計、眼鏡、宝石類、装身具類、貴金属類等
自動車その部分品を含みます。
自動二輪車及び原動機付自転車これらの部分品を含みます。
自転車類その部品を含みます。
写真機類写真機、光学器等
事務機器類レジスター、タイプライター、計算機、謄写機、ワードプロセッサー、ファクシミリ装置、事務用電子計算機等
機械工具類電機類、工作機械、土木機械、化学機械、工具等
道具類家具、じゅう器、運動用具、楽器、磁気記録媒体、蓄音機用レコード、磁気的方法又は光学的方法により音、影像又はプログラムを記録した物等
皮革・ゴム製品類カバン、靴等
書籍 
金券類商品券、乗車券、郵便切手及びこれらに類する証票その他の物として古物営業法施行令第1条に定められているもの
大型機械類のうち以下については、盗品として売買される可能性が低いため、法の規制から除外されています。
  1. 総トン数が20トン以上の船舶
  2. 航空機
  3. 鉄道車両
  4. 重量が1トンを超える機械で、土地又は建造物にコンクリートや溶接等で固定し、簡単に取り外しができないもの
  5. 重量が5トンを超える機械(船舶を除く)であって、自走及びけん引したりすることができないもの
愛知県警察HP

許可に必要な書類

許可申請に向けて揃える書類は個人と法人で違います。

それぞれ必要な書類は以下をご参考にしてください。

法人のお客様個人のお客様
  • 定款及び登記事項証明書
  • 略歴書(最近5年間の略歴を記載した書面)

  • 住民票(本籍又は国籍記載のもの)の写し

  • 人的欠格事由に該当しない旨の誓約書

  • 登記されていないことの証明書(法務局登記官が発行するもの)

  • 身分証明書(本籍地の市区町村長が発行するもの)
  • URLの使用権限を疎明する資料(ホームページを利用して非対面で取り引きする場合に必要
  • 市場規約及び参集者名簿(※古物市場主の申請の場合に必要
ポイント
略歴書、住民票の写し、人的欠格事由に該当しない旨の誓約書、登記されていないことの証明書、身分証明書は役員の方全員分の書類が必要になります。
  • 略歴書(最近5年間の略歴を記載した書面)

  • 住民票(本籍又は国籍記載のもの)の写し

  • 人的欠格事由に該当しない旨の誓約書

  • 登記されていないことの証明書(法務局登記官が発行するもの)

  • 身分証明書(本籍地の市区町村長が発行するもの)
  • URLの使用権限を疎明する資料(ホームページを利用して非対面で取り引きする場合に必要
  • 市場規約及び参集者名簿(※古物市場主の申請の場合に必要

愛知県警察

おわりに

「古物商を営むのに、なぜ許可が必要なのか。めんどくさい。」

などといった声も聞こえてきそうですが、盗品などが持ち込まれた場合、それを買い取ったとします。
そのお金が窃盗団等の活動資金となってしまうなど、犯罪の温床となり、負の連鎖を生んでしまいます。

ご自身の純潔を守ることはもちろんのこと、よりよい社会のために、ひとつずつコンプライアンスに関する意識と知識を研ぎ澄ましていきましょう。

また、弊所ではこちらの投稿でご紹介した古物商に関する許可申請について随時ご相談を賜っております。

気になること等がございましたら、以下のフォーム、またはお電話にてお気軽にお問い合わせください。


    個人法人

    古物商許可関係リンク